岩手県 一関市立一関図書館 ―学校連携― | 岩手県 | 【特集】元気な学校図書館プロジェクト | りぶしる 図書館をつなげる情報共有サイト -全国の図書館の現場から-

岩手県 一関市立一関図書館 ―学校連携―

子どもと本を結び、健やかな成長と自立を支える


元気な学校図書館プロジェクト 一関市立図書館 図書館外観所在地:021-0884 岩手県一関市大手町2-46
TEL :0191-21-2147
FAX : 0191-21-2107
E-mail: toshokan@city.ichinoseki.iwate.jp
HP :http://www.library.city.ichinoseki.iwate.jp/
(写真提供 一関市立図書館)


■事業計画

"一関市立図書館振興計画"は"一関市総合計画"及び"一関市教育振興基本計画"に沿って策定され、平成28年度から平成37年度までにわたる図書館行政の方向性と前期(平成28年度~平成32年度)の具体策を示している。

一関市総合計画は こちら です。

一関市教育振興基本計画は こちら です。

重点施策の一つに「ことばを大切にする教育プロジェクト」がある。学校現場の

実践例として、28年1月取材の一関市立大東小学校があり、本サイトで公開している。大東小学校は こちら です。

この振興計画では、学校図書館支援の具体策を以下の通り示してある。

①移動図書館の巡回、学級文庫への貸出、おはなし会やブックトークの開催

②教科関連図書の貸出

③選書情報の提供、担当教諭との情報や意見の交換

④担当教諭や読書普及員及び図書館職員を対象とした研修会の開催

一関市立図書館振興計画の詳細は こちら です。



■図書基本情報

元気な学校図書館プロジェクト 一関市立図書館 グラフ1

元気な学校図書館プロジェクト 一関市立図書館 グラフ1

(参考情報・④の財政的な効果)

・平成27年度の学校への貸出冊数2965冊は、財政的効果として540万円に相当する。

・全市における学校への貸出冊数は11316冊(平成25年度)で財政効果は2040万円に相当する。

(注)平成27年度平均購入図書単価 小中学校1800円/冊。(全国学校図書館協会調べ)。

   経費(輸送コストや人件費)は不明のため、減算していない。

目次へ戻る

一関市と一関図書館

・一関市は2005年(平成17年)9月20日に7市町村(旧・一関市、花泉町、大東町、千厩町、東山町、室根村、川崎村)が合併し(合併一次)、その後、旧・藤沢町が2011年(平成23年)9月26日に加わって(合併二次)現在の一関市になった。面積は1,256 平方キ ロメートルで神奈川県の半分程度と広く、また人口は約 12.5 万人余りである。合併後、小中学校の統廃合がすすみ、平成28年4月現在、小学校33校、中学校17校の50校となっている。一方、公立図書館は合併後も教育・文化行政重視の方針で、旧市町村の施設を整備。H21.12に東山図書館オープンを皮切りに、H22.2大東図書館リニューアルオープン、H22.12室根図書館リニューアルオープン、H25.9花泉図書館オープン、そしてH26.7一関図書館がオープンした。一関図書館は一関市の中央図書館としての役割を担っているが、その優れた機能性や使いやすさ、デザイン性などはさまざま専門誌でも度々取り上げられている。

市立図書館、全8館の概要は こちら です。

元気な学校図書館プロジェクト 一関市立一関図書館 ネットワーク図

目次へ戻る

学校連携、これまでの歩み

平成13年度~平成15年度

・合併前の東地区(旧 東磐井郡 4町2村)は文科省のすすめる「学校図書館資源共有型モデル地域事業」で地域指定を受け、学校連携を開始。当時の小中学校42校と県立高校2校にて蔵書データベースを作成。公立図書館蔵書データと共有化を図り、H15.5からは、相互貸借・物流(配本・配送)を開始した。

平成16年度~平成18年度

・引き続き、文科省の「学校図書館資源共有ネットワーク推進事業」にて、学校で使用する図書の整備充実とこの運営にあたる学校図書館支援センター機能を設けた。また、HPなどによる情報発信も開始した。

⇒平成17年 市町村合併一次

平成18年度~平成20年度

・さらに、文科省の「校図書館支援センター推進事業」にて、人材の配置や育成を図る。学校図書館への人的支援、教職員の研修実施、図書ボランティアの育成にあたり、運営体制の定着化をすすめた。

~平成27年度

⇒平成23年 市町村合併ニ次

・文科省の事業を踏まえ、市の単独事業として施設整備(図書館の建設、リニューアル)や人材の配置・育成を推進。西地区の学校図書館も整備を図って、全市の「どこの学校でも」「すべての子どもたちに」同一のサービスを実施している。現在、学校図書館の運営にあたる読書普及員は26名で全50校を支援(一人2校程度担当で教育委員会学校教育課所属)、これを支える公立図書館専門司書は12名、また司書と同様な役割を担う非常勤の読書指導員15名で活動を行っている。

平成28年度~

・平成28年2月、これからの事業計画として「一関市立図書館振興計画」を策定。

 今後の10年にわたる計画と5ヶ年の具体策(前期)をスタートさせた。

目次へ戻る

館長インタビュー

小野寺館長にインタビューを行った。

対応いただいた小野寺館長元気な学校図書館プロジェクト 一関市立一関図書館 小野寺館長

一関市の教育行政方針と図書館での具体的な施策をお聞きしたい。

【館長】

・当市ではこれまでの教育行政を踏まえ、本年4月から「一関市教育振興基本計画」をスタートさせた。図書館では、この計画に沿って「一関市立図書館振興計画」としてまとめ、この中で前期5ヶ年にわたる具体策を示している。

  →印刷された「一関市立図書館振興計画書」を元に、丁寧な説明を受けた。

計画書は公開されているので、こちらをご覧下さい。

・市町村合併後、図書館行政を前進できた背景の第一に、"施設(図書館)の整備"が上げられる。東山図書館、花泉図書館、そして一関図書館の建替え、大東図書館や室根図書館のリニューアルオープンなどなど。特に、合併以前から東地区(旧 東磐井郡)では図書館活動が盛んであった。それぞれの図書館ではその地に根差した、歴史・特色があり、これを生かして整備にあたった。(計画書ではそれぞれの図書館の特色を記してある。)第二に"人材"の配置である。図書館は直営の方針である。各図書館には館長をはじめ正職員、専門職の司書(総勢12名)、司書資格のある読書指導員(総勢15名・非常勤職員)を配置している。また、学校には読書普及員26名が配置され、全50校をカバーしている。それぞれの担当分野で定期的な会議も開催し、情報の共有や課題の検討などを行いながら、併せてコミュニケーションの向上も図っている。定期的な会議は館長会議、担当者会議(司書会議や読書指導員会議)である。

(注)読書指導員と読書普及員

◎読書指導員は各図書館に勤務している非常勤職員で、主に司書の補完、補佐を行っている。

◎読書普及員は小中学校に勤務している学校教育課所属の非常勤職員。読書環境整備、読書活動の補助などを行っている。

図書館行政に関わる市の組織体制はどのような状況か。

【館長】

・合併当時、各図書館は組織上、並列であった。その後、議論と検討を重ね、平成26年度から組織体制を一元化した。一関図書館は"中央館"として全体を統括し、各図書館は地域の特色を生かす"地域館"として位置づけた。中央館(一関図書館)には企画管理係と資料サービス係をおき、各図書館との連携・調整にあたっている。この一元化で施策の推進が一層図られようになったと考えている。また、各図書館にあった図書館協議会も市として一本化した。(運営に関わる団体として、図書館運営協議会を任意団体として、存続してある。)

資料、サービス面での特徴を紹介願いたい。

【館長】

・市内、どこからでも同一のサービスが受けられること。図書館の休館日、開館時間を調整した。スタッフも(分散して)配置してある。これを可能にしているのが、「配送システム」であり、市内他館の資料を希望の館へ取り寄せて借りることができる。また、他館へ返却することも可能である。

目次へ戻る

具体的な活動内容

元気な学校図書館プロジェクト 一関市立一関図書館 伊藤さん
"学校連携"にあたっている主任司書の伊藤さんから具体策を説明いただいた。

1.貸出・返却(配送システム)

配送システムの流れ
火曜日:
学校から担当市立図書館に、FAXにて貸出申込書を送付する。

水曜日:
読書普及員1名が、一関図書館に勤務する。
火曜日に届いた学校からの貸出申込書について、授業で使用する本等、特定のテーマに関する本は図書館司書が選書を行い、児童・生徒のリクエスト本は読書普及員が本集めを行う。集められた本は配送用コンテナへ梱包する。

木曜日:
コンテナを配送トラックが回収し、宅配便配送センターへ集約される。

金曜日:
集約された本が、宅配便配送センターから各学校へと配送される。

煩雑になりがちな学校への貸出を、周期を決め、効率的に運営している点が優れている。

・「配送システム」は図書館―図書館での貸借と図書館―学校図書館での貸借の二通りである。学校図書館への配送は週1回、図書館間の配送は週3回となっている。配送方式については全く同じである。

・コンテナは、所定の規格品、配送費用はコンテナ単位が基本。1回当たりの上限10コンテナ。1コンテナあたり50冊程度。

・学校支援用図書は、専用スペースで管理。背表紙にその旨、シールを貼付。現在、蔵書データは非公開としている。図書館職員が選書し貸出、または教員や読書普及員が来館し、選書して借りることもできる。

・配送は宅配便を使用している。コンテナはすべて一旦、配送センターに集められ、仕分けされて、翌日図書館・学校へ配送。(配送は入札にて業者を選定している。)

・配送システムとは別に移動図書館の学校巡回も行い、児童・生徒への個人貸出や、学級への貸出を行っている。

・平成28年度一関市立一関図書館の配本・配送計画表は以下です。
一関市立図書館 H28配送計画表

(配送に関わるシーン)

元気な学校図書館プロジェクト 一関市立図書館 配送の様子3

元気な学校図書館プロジェクト 一関市立一関図書館 配送2

2.読書相談

・学校からの要望・相談に随時対応している。主に、学校図書室の図書の分類、配架方法、選書のアドバイス、訪問おはなし会等を実施している。

3.研修支援

・学校教育課は定期的に読書普及員向けの講習を行っているが、図書館では主に学校連携の利用面を中心に説明をしている。図書担当教諭や読書普及員との交流の場を拡大する必要を感じている。

4.学校への支援状況                

・司書の伊藤さんに学校への支援状況をまとめて頂いた。

元気な学校図書館プロジェクト 一関市立一関図書館 図1・年々学校の利用が増加している。また、学校現場での授業に密着している内容でもある。「公立図書館あっての学校図書館、学校教育」といっても過言ではない。学校をサポートする図書館司書や学校支援用図書の充実が期待される。

目次へ戻る

図書館紹介

一関図書館のシーンあれこれ

元気な学校図書館プロジェクト 一関市立一関図書館 館内写真1

元気な学校図書館プロジェクト 一関市立一関図書館 館内写真2

元気な学校図書館プロジェクト 一関市立一関図書館 館内写真3

元気な学校図書館プロジェクト 一関市立一関図書館 館内写真4

元気な学校図書館プロジェクト 一関市立一関図書館 館内写真5

元気な学校図書館プロジェクト 一関市立一関図書館 館内写真6

元気な学校図書館プロジェクト 一関市立一関図書館 館内写真7

元気な学校図書館プロジェクト 一関市立一関図書館 館内写真8

元気な学校図書館プロジェクト 一関市立一関図書館 館内写真9

元気な学校図書館プロジェクト 一関市立一関図書館 図書館11

元気な学校図書館プロジェクト 一関市立一関図書館 図書館12

元気な学校図書館プロジェクト 一関市立一関図書館 図書館13

元気な学校図書館プロジェクト 一関市立一関図書館 図書館14

目次へ戻る

取材後記

・筆者はここ一関の学校に通った。それも5年もである。あまり勉強はしなかったが(できなかった)、どうも市立図書館に行った記憶がない。僅かに残る記憶は古ぼけた木造の建物(当時の市立図書館)と隣にあった赤色鮮やかな消防自動車である。

学校を巣立って、あっという間の40年。縁あって、市立図書館を訪れた。ただただ、驚いた。充実したハード面(図書館の建物や設備)やソフト面(図書館で働く人たちや資料)。そして、またそれを運営する制度や組織。館長さんには丁寧に説明を受けた。司書の伊藤さんには手数のかかる調査データの提供をいただいた。そして、記事をすすめている間に"(図書館の)驚き"は、いつの間にか"(郷土の)誇り"に変わった。すばらしい図書館である。"(このような図書館で)もっと勉強すればよかった。"などとのヤボなことは言うまい。

 今回の取材は複数人で実施。帰り際、図書館1階でカフェ・ラテをいただいた。図書館での至福な一時であったかに思えたが、話題は少々アカデミックな「図書館記事の有り様」「記事の書き方」に終始。理想の場所で現実的な議論。これもまた、図書館の姿かも知れない。

(菅原)

目次へ戻る



よろしければ、この記事に関するご感想をお送りください。
感想は、記事感想フォームから投稿することができます。

ページ先頭へ

図書館サービス向上委員会