八戸市教育委員会 ―学校図書館支援事業― | 青森県 | 【特集】元気な学校図書館プロジェクト | りぶしる 図書館をつなげる情報共有サイト -全国の図書館の現場から-

八戸市教育委員会 ―学校図書館支援事業―

実践校である根城小学校の図書館では…

(2017年3月9日取材)

八戸市教育委員会

基本情報

所在地:〒031-8686 青森県八戸市内丸1丁目1番1号

電話 :0178-43-2111     

HP  : https://www.city.hachinohe.aomori.jp/index.cfm/12,0,42,62,html

・八戸市は青森県東南部に位置し、人口23万人、面積241平方キロメートル。平成29年1月1日より中核市に移行、港町と工業都市の2つの性格を併せ持つ。市内には小学校が43校、中学校25校、高等学校18校、特別支援学校3校、高等専門学校1校、大学3校がある。

(参考)八戸市 教育大綱
   八戸市教育委員会機構図
   八戸市「子ども読書活動推進計画(3次)」



学校図書館に関わるこれまでの取組

・文部科学省の指定事業(全国で34地域が指定)(*1)として推進。

 平成13年度~平成15年度 学校図書館資源共有型モデル事業

 平成16年度~平成18年度 学校図書館資源共有ネットワーク推進事業

 平成18年度~平成20年度 学校図書館支援センター推進事業

(*1)本サイトでは岩手県一関市におけるこの指定事業への取組事例が紹介されている。

・平成20年度から開始した地域密着型教育(市の独自事業)(*2)により、各学校において「図書館ボランティア」の導入が進められている。

(*2)八戸市は、市内全ての小・中学校で「地域密着型教育」に取り組んでいる。地域の力を学校に活かし、子どもたちも地域活動に積極的に参加するという学校・地域・家庭が連携、協働するしくみづくりを目指して活動している。推進母体は地域学校連絡協議会である。この協議会には地域密着型教育コーディネータがおかれ、登録されたボランティアが学校図書館の環境整備などを行っている。

(参考)地域密着型教育



「本のまち 八戸」構想 (平成25年 市長公約)

・平成26年度~ ブックスタートが始まる。乳幼児に検診時絵本などが入ったブックスタートパックを配布。また、小学生全員に2000円分のブッククーポンを配布するマイブック推進事業を開始した。

・平成28年度より3歳児保護者を対象とした、"読み聞かせ"キッズブック推進事業を開始。さらに、市民を対象とした八戸ブックセンター(*3)を開設している。

(*3)本サイトでは、八戸ブックセンターを別途取材し、その記事を掲載している。

・平成28年~ 学校図書館支援事業を開始。

(参考)ブックスタート
    マイブック推進事業
    "読み聞かせ"キッズブック推進事業
    八戸ブックセンター
    学校図書館支援事業



学校図書館支援事業

・所管は教育委員会教育指導課。平成28年度はモデル事業として取組み、成果と課題を検証している。以降の学校図書館運営に役立てる。

元気な学校図書館 八戸市教育委員会 佐々木さん教育指導課主任指導主事(取材当時)
佐々木 宏恵 様

元気な学校図書館プロジェクト 八戸市教育委員会 関下さん学校司書
関下 栄利子 様

学校司書派遣指定校

・派遣を希望する小中学校は、教育指導課に所定の申請書にて申し込む。学校図書館の運営方針や学校司書との連携などを考慮し、学校司書派遣指定校にするかを決定する。平成28年度は14校から申請があり、10校が指定された。

学校司書

・八戸市では学校司書の採用基準として以下を設けている。

(1)図書館司書、司書補又は司書教諭の経験がある

(2)図書館司書、司書教諭の免許の所有者

(3)八戸市学校図書館支援員や協力員として勤務経験がある

平成28年度は3名が採用され、いずれも八戸市の学校図書館に勤務した経験がある。

・指定校10校は中学校区をベースとした3グループに分割され、3名で分担して担当している。事前研修を経て、平成28年5月9日から活動を始めた。中学校区を単位に学校司書が活動を行うと、「中学校から小学校の読書教育が分かる」「地域の取組がつながって見える」ので有益だとの意見が多く、工夫された方法だと思う。

・学校司書は司書教諭や図書ボランティアと連携して、蔵書管理(図書の現況確認、決められた分類に沿った排架、新刊図書の購入検討や適正な除籍など)や環境整備(掲示物や装飾など)を進めている。また、レファレンスサービスや調べ学習、図書館利用オリエンテーションなどで、先生方の補助も行っている。学校司書の活動の幅が広がることにより「授業支援」に近づいていくことが他の事例で多く見受けられ、「学校司書は重要な専門職」であることが広く理解されることが期待される。

・また、市立図書館が行っている研修会に参加し、図書館の運営に係るスキルアップを図っている。学校図書館ボランティア講習会では講師役も務めている。

・所属元の教育指導課では月に一度、学校司書の研修会が行われ、課題の共有や改善の検討がされており、学校司書のコミュニケーションの場にもなっている。

司書教諭等

・学校図書館運営の計画と評価、図書委員などへの指導を行っている。学校図書館は子どもたちの図書館であると同時に先生方の図書館でもある。先生方が学校図書館に関心を寄せ、活用を図る総参加型の運営が学校図書館の価値を高める。(高度な専門書は公立図書館や八戸ブックセンターを活用することで、参照できる)

関係機関との連携

・市立図書館は学校司書の人材育成や図書の貸出(物流を含む)、調べ学習の支援、図書館運営のアドバイスなどを行っている。人材育成では、学校に出向いて研修会(出前講座)を開催。また、市立図書館では学期ごとに配本サービスを行い、学校が市立図書館へ出向いて選書を行う団体貸出サービスなどを行っている。また移動図書館(BM)も学校を含めた市内各所を定期的に巡回している。一方、「図書館を使った調べる学習コンクール」も開催し、子どもたちの探求心を育んでいる。

・八戸市総合教育センターでは、学校図書館のネットワークの管理、運営を行っている。学校間での相互貸借はこのネットワークを使用。また、学校図書館支援センター(文科省の指定事業で整備)としての役割も担っており、授業で用いられる図書の貸出がされている。

・学校司書が派遣されていない学校の中には、県立図書館による「学校図書館アシスト事業」を活用し、学校図書館の活性化を図っているところもある。

八戸市における子どもと本を巡るさまざまな施策

(参考)八戸市における子どもと本を巡るさまざまな施策(資料提供:教育委員会教育指導課)



元気な学校プロジェクト 根城小学校 ライングレー

学校図書館支援事業に取組む根城小学校を訪問。その状況を伺った。

八戸市立根城小学校

本気でがんばる子の育成をめざして

元気な学校図書館プロジェクト 根城小学校 学校全景所在地:〒039-1166  青森県八戸市根城四丁目22-27
電話 :0178-22-0248,0178-43-5128
FAX :0178-71-1376
E-mail:nejyo_e@hec.hachinohe.ed.jp
HP:http://www.hachinohe.ed.jp/nejyo_e/index.html
設立: 1876年(明治9年)5月15日
児童数 503名 学級数 19学級   教職員数 33名
学校司書1名(根城中学校、新井田小学校と兼務)

(平成29年2月27現在)



学校長インタビュー

元気な学校図書館プロジェクト 根城小学校 今井校長対応いただいた校長
今井 裕一 様

―図書館はどのような方針で活用されていますか。

【校 長】

・学校目標の重点施策として「わかる授業の日常化」「家庭学習の工夫」「読書活動の推進」を掲げて取り組んでいます。学校では廊下にも本を置いておりますし、休み時間には気軽に図書館を訪れて読書に親しむ、そしてさまざまなコミュニケーションを行う場としての図書館を目指しています。

・学校では図書館の運営計画を立てており、先生方とコミュニケーションを図りながらその利用を働きかけ、自由に貸出が行える図書館にしていきたいと考えています。特に子どもたちには「伝記」にふれてほしい。伝記は「人の生きざまにふれる」ことにつながります。

―今年度から希望校に学校司書が派遣されています。学校司書へどのような期待をされていますか。

【校 長】

・子どもたちにとって図書館は「行くことが楽しい、使いやすい」が大切です。学校では図書ボランティアの皆さん(15名~20名)に環境整備を行っていただいておりますが、学校司書さんからは相談や専門的なアドバイスがあり、図書ボランティアの皆さんの「活動のよりどころ・励み」になっています。司書教諭だけでは限界がありますので、司書教諭と学校司書さん、図書ボランティアの皆さんで良くコミュケーションをとりながら、図書館の整備を進めています。すでに図書館を利用する子どもの数は、前年に比べて倍増していますし、司書教諭の多忙感も確実に軽減されています。学校司書の派遣は来年度以降も是非、続けてほしいと思います。



図書館の統計データ

(年間)

元気な学校図書館 根城小学校 図表

⑦標準図書数:文部科学省の定めた学校図書館図書標準。10360+200×(学級数-18)

⑪全国学校図書館調査の学校図書館用図書平均単価(平成26年度小学校1775円)

(注1)充足率⑧:学校図書館図書標準冊数(文科省)による根城小学校の蔵書数は10560冊で実際の蔵書数は8812冊である。図書館整備が進められているが、除籍(廃棄)を適切に行いながら、蔵書を充実していくこと必要と思われる。

(注2)読書量⑩:全国学校図書館協会の調べによると、多読月である5月を単月で調査。全国平均11.2冊である。(雑誌やマンガも含む)。年間56冊は良く読まれている。



図書館のシーン

学校司書を派遣し、本格的に図書館整備を始めて10か月。まだ、整備中の書架もあるが、急速に図書館の環境が変わってきている。図書館ボランティアの皆さんの熱心さが伝わってくる。

元気な学校図書館 根城小学校 図書陳列図書室入口に、子供たちに紹介したい本を並べ、興味をひいています。

教科書で取り上げられている本を紹介するコーナーを作りました。

元気な学校図書館 根城小学校 効果的な面陳列面陳列が効果的になされています。

平成29年度からは、八戸市内全公立小・中学校に複数紙の新聞が配備されるようになりました。

図書室の入り口も、本が入ってきた箱を効果的に使って、子供の目を引くディスプレーにしています。

元気な学校図書館 根城小学校 企画展企画展は、子供たちからの反響が大きいです。

図書室壁面の掲示物を貼り替えている図書ボランティアの皆さん。

元気な学校図書館プロジェクト 根城小学校 ボランティアさん常に10名以上のボランティアさんでにぎわう、根城小学校の図書室です。



取材後記

学校図書館は、学校長や司書教諭・学校司書の先生方、学校を支援する公立図書館、教育行政を推進する教育委員会、そして図書館ボランティアで支えられている。根城小学校では多くの図書館ボランティアが活躍している。取材の日は10人ほどが集まり、図書館の壁面にきれいな掲示物を貼る作業を行っていた。都市部の学校では図書館ボランティアさんのパワーがすごい。「子どもたちに少しでも良い環境を」との保護者の気持ちが感じ取れる。今後、学校司書の活動を継続・拡大し、市内全ての小・中学校で図書館ボランティアとコラボの輪を広げてほしい。学校図書館は劇的に変わる!

(菅原)

元気な学校図書館プロジェクト 八戸市教育委員会 ラインこちらの記事もどうぞ

八戸ブックセンター

ページ先頭へ

図書館サービス向上委員会